Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
RECOMMEND
歌う思い出
歌う思い出 (JUGEMレビュー »)
パロック(アントワーヌ)
8月27日(土)は渋谷タワーレコードへ!
category: お知らせ | author: sansanmusic
0
    福田美樹子さんが渋谷のタワーレコードさんで、CD発売記念ミニライブ&サイン会を行います。

    詳しくはタワーレコードさんのWEBサイトをご確認ください。
    http://tower.jp/store/event/2016/08/003056


    8月27日(土)は渋谷タワーレコードへ!
    - | - | - | PAGE TOP↑
    福田美樹子さんCDリリース情報! 
    category: お知らせ | author: sansanmusic
    0
      Nos souvenirs qui chantent
      〜歌う思い出〜
      Mikiko Fukuda  Antoine Palloc



      <曲目>
      ドビュッシー:中国のロンデル、月の光、死後のなまめかしさ、
      出現、アリエルのロマンス、後悔
      ドリーブ:歌劇「ラクメ」より
      第1幕 「花はさらに美しく見える」
      第2幕 鐘の歌 「若い娘はどこへ行く?」
      第3幕 「あなたは私にとても甘い夢を見せてくれました」
      ラヴェル:火のアリア(歌劇「子供と魔法」より)
      ルコック:ボレロ(喜歌劇「心と手」より)
      マッセ:ナイチンゲールのアリア(喜歌劇「ジャネットの結婚」より)
      メサジェ:セミたちの歌(喜歌劇「お菊さん」より)
      ベイツ:「青い鳥」 (歌曲集「鳥たちの歌」より)
      プ―ランク&ボノ:歌う思い出 FP182

      福田 美樹子 (ソプラノ)
      アントワーヌ・パロック (ピアノ)


      (2016年4月11、12日 青葉台・フィリアホールにて収録)

      税抜価格:3,000円
      仕様:CD盤
      品番:OVCL-00594
      JAN:4526977005948

      オクタヴィア・レコードさんから

      7月22日発売です!


      http://www.octavia.co.jp
      - | - | - | PAGE TOP↑
      10月2日(日)さんさんオペラコンサート2016 <10周年記念公演>
      category: お知らせ | author: sansanmusic
      0
        2016年のさんさんオペラコンサート<10周年記念公演>のお知らせです♪

        おかげさまで今回さんさんオペラコンサートは10周年を迎えました!
        記念となる今回はアンデルセン童話「小夜鳴き鳥と中国の皇帝」をもとに、ストラビンスキーが1914 年に完成させた
        3幕のオペラ「ナイチンゲール」を土台に据えた自然とアートをめぐるファンタジー...

        オペラ 
        〜皇帝とウグイス〜




        日程:2016年10月2日(日)
        会場:南大沢文化会館主ホール
        開場:13時30分
        開演:14時00分
        出演:福田美樹子(ソプラノ)、根岸一郎(テノール)、和田ひでき(バリトン)、西村晶子(ピアノ)、さんさん歌劇団他
        チケット:1,000円 (全席自由)


        お求め・お問い合わせは
        さんさんクラブ事務局
        042-675-1321
        e-mail music.sansanclub@gmail.com



        昨年のコンサートレポートもどうぞお楽しみください。
        http://musicfamily.sansanclub.jp/?eid=51(その1)
        http://musicfamily.sansanclub.jp/?eid=52(その2)
        http://musicfamily.sansanclub.jp/?eid=53(その3)
        http://musicfamily.sansanclub.jp/?eid=54(その4)


        〜南大沢文化会館へのアクセスはこちら〜
        http://www.hachiojibunka.or.jp/minami/

        皆様のご来場をお待ちしております!
        - | - | - | PAGE TOP↑
        【お知らせ】2016年のさんさんオペラコンサート
        category: お知らせ | author: sansanmusic
        0
          皆さまこんにちは♪

          2016年のさんさんオペラコンサート開催が決まりました!!

          日時:2016年10月2日(日)
          会場:南大沢文化会館 主ホール


          詳しい情報はこちらのブログでまたお知らせします!(^^)


          さんさんツイッターも見てね♪
          https://mobile.twitter.com/sansanmusic2015
          - | - | - | PAGE TOP↑
          創作オペレッタ「里山物語」レポート 〜その4〜
          category: お知らせ | author: sansanmusic
          0
            いよいよクライマックスです。
            開発隊は森の自然を思う大切な気持ちに気付くことが出来ました。

            自然と人間の共存...
            森の神、神の娘、森の住人たち、動物たちとの和解はもうすぐです。


            【第4場】森の中のひろば
            いつも何度でも (木村弓作曲『千と千尋の神隠し』主題歌)
            鐘の音 (レオンロビッチ作曲)
            麗しき今宵 (オッフェンバック作曲オペラ「ホフマン物語」よりホフマンの舟歌)
            二人で一緒に (曲オペラ「椿姫」よりパリを離れて)
            森の神の祝福 (ドリーブ作曲オペラ「ラクメ」よりニラカンタのスタンス)
            平和の森 (ヴェルディ作曲オペラ「ナブッコ」より行け、我が想いよ、金色の翼に乗って)

            〜いつも何度でも〜
            優しい音楽とともに森の妖精たちが森に戻ってきました。









            〜鐘の音〜
            雄大な雰囲気の澄んだ鐘の音が会場に鳴り響いた後、開発隊のAJETさん4名による素敵なハーモニーが会場に響きました。


            ああ、鐘の音響く かなたの塔より その音われらに 何をぞ語るか
            ああ、鐘の音響く 命の尊さ 世界の平和を みんなで守れと





            〜ホフマンの舟歌〜
            続いてさんさん歌劇団により透き通るコーラスが会場に響きます。
            自然と人間の平和な姿へと向かう雰囲気が高まります。


            〜うるわし 清い 恋の今宵 波も黄金にきらめく宵 うつろうものは若き日の幸 短きものは花の命…〜



            〜二人で一緒に〜
            自然を愛する気持ちになった町長の息子は森の娘と再会。和解の歌を歌います。
            周りの森の動物たちも喜んでいます。


            〜愛する君に会えた喜び 君に会えた喜び この胸のときめき 話さないよ君を 離れないわどんな時も。
            この世は二人のもの 愛するひとと手を取り合ってとわの愛をちかいましょう あの山々輝く空 咲き誇るよ愛の花。
            永遠の愛をちかうよ 二人だけの家を建てて愛し合って眠るの 私のみんなの愛を束ねようよ、幸せを作ろう。
            二人で愛し合って暮らしましょう〜









            〜森の神の祝福〜 
            森の神が再び登場します。
            森の娘と和解した町長の息子。町長、開発隊、森の動物達は人間と自然の平和を願い、神に祈りをささげます。
            森の神は自然と人間の共存の道こそ皆の願いであると歌います。


            〜空晴れて雲が行く 風はさわやかに野を渡り 木々を揺らす 光はあふれる 見よ 平和満ちる 
            心なごむ世界を みんな耳をすまして聞いてごらん 何か聞こえてくる 美しい愛のことば
            人間たちよ高ぶるな 人も動物も鳥も草も木も みんな同じいのちだ この世界どこへ行っても 
            同じいのち尊い 憎みあいは終わりだ つくり出そう みんなちから合わせて 助け合うよろこびの日〜











            〜平和の森〜
            いよいよフィナーレです。
            みんなの気持ちが一つになり、平和への思いを歌います。


            〜われらの思いひとつ ともに生きるよろこび われらの願いひとつ みんなと生きる世界
            闇はかならずきえてゆく 進もう揺るがぬ心で われらの思いひとつ みんなと生きる世界
            だれも愛をもとめているはず きみもぼくも夢見る 光あふれる道を進もう 愛する者よ
            われらの願いひとつ みんなと生きる世界 平和の道を 平和の道を 進もう 進もう〜
































            〜終演後〜
            終演後、会場外のホワイエは沢山の人で溢れ、和やかな交流の時間となりました。
















            〜Special Thanks〜
            昨年に続き今回も優しく温かいチラシをデザインしてくださった山田さん。
            そのチラシ裏デザインをフォローしてくださったせりさん。
            昨年比3倍以上の部数となったコンサートプログラム作成、当日の写真撮影をしてくださった田島さん。
            300人もの沢山のお客様受付をとてもスムーズに対応してくださった土橋さん、康平さん。
            入場時の入口チケットもぎりからバックステージでの裏方まで助けてくれた大輔さん、育実さん。
            当日のバックステージでのお手伝いをしてくださったちひろさん。
            ご自身の出番の合間に素敵な写真を撮ってくださった小野さん。
            舞台袖で絶妙なタイミングでの効果音を操作してくださった新出さん。

            当日のステージを影から一緒になって支えてくださった皆さま、ありがとうございました。


            そして今回出演してくださった根岸さん、和田さん、西村さん、澤田さん、橋本さん、AJETさん、おのけんはづズさん、ちゃんちゃかトリオさん、園田先生、くみこ先生、ほにゃらら出版となかまたちの皆さん、そして驚きの創作ダンスをプロデュースしてくださった菜々子さん、昨年以上の声量で熱演してくださったさんさん歌劇団の皆さん、各場の冒頭で口上を披露くださったラーメン亭とんこつさん。全ての音楽監修・合唱指揮・舞台演出、会場に響き渡るソプラノを披露してくださった福田さん、そして里山物語の脚本作り、コンサートの全て先導導してくださった総合プロデューサーおひげ先生。

            当日会場に足を運んでくださったご来場の皆々様。

            本当にありがとうございました。

            初の主ホール公演となった今年の創作オペレッタ「里山物語」。
            全ての皆様のご協力とお心遣いに、心より感謝と御礼を申し上げます。

            次回も楽しい仲間の皆様と一緒に、素敵なコンサートを創れることを楽しみにしています。

                                                      
                                                     さんさん音楽部 高橋



            〜fin〜
            - | - | - | PAGE TOP↑
            創作オペレッタ「里山物語」レポート 〜その3〜
            category: お知らせ | author: sansanmusic
            0
              〜吹きすさぶ風の音〜

              (口上)工事は進み、森はすっかり荒れ果ててしまいました。緑の葉を茂らせた木々は一本も見当たりません。
              一面の花園だった森の広場も今では赤土がむき出しで砂風が吹いています…


              【第3場】荒れた森の中
              森の住人たちの嘆き (ボロディン作曲オペラ「イーゴリ公」よりダッタン人の踊り)
              森の神の嘆き (ラフマニノフ作曲ヴォカリーズ)
              ひばり (西條八十作詞/宮城道雄作曲)
              開発隊の歌 (Gaudeamusドイツ学生歌)
              神と若者の対決 (モーツァルト作曲オペラ「ドン・ジョバンニ」より騎士長の石像とドン・ジョバンニ)
              嵐の音楽 (宮川泰作曲「さらば宇宙戦艦ヤマト」より白色彗星)
              自然との和解 (モーツァルト作曲アヴェ・ヴェルム・コルプス)


              〜森の住人たちの嘆き〜
              自然を愛する思いを伝える澄んだ歌声と柔らかな踊りが印象的なシーンでした。

              〜森よ美しい森よ いつも私の喜びだった あなたは今 どこへ行ったの
              緑の木も花も見えない 風が吹いている 冷たい風が野原を吹いてゆく〜 



              〜森の神の嘆き〜
              森の住人たちに続いて、森の神による嘆きの歌。
              力強くも悲しさを感じるメロディの歌声が会場に響きました。

              〜あのうつくしい森を 人はこわすのか わたしは許すことはできぬ いのちを 育てた森だから〜 


              〜ひばり〜
              森の神の娘が登場して嘆きの歌を歌います。


               

              〜ひばりよひばり 高く鳴け 麦生の丘の春の暮れ 水は光りて巡るなり 流るる水も汝が声も 君住む里に通うらん 
              ひばりよひばり夕空に わが悲しみを高く鳴け〜









              〜開発隊の歌〜神と若者の対決〜
              再び工事現場の騒音の中、開発隊が歌いながらやってきます。


              〜われらは進む 山を崩して われらは進む 谷間を埋めて 人間の力で 自然を変えるぞ どこまでも進め われらの世界〜♪


              ...空が次第に暗くなり、突然森には激しい雷鳴と稲光が響き渡ります。


              森の平和を守ってきた森の神。
              森を開発して新たに町を作ろうと考える町長の息子。

              それぞれの思いがぶつかり合います。




              〜神と若者の対決〜 
              神:お前は何者だ どこから来たのか
              若者:わたしは町長の息子なんです。この森開いて町にするのです!あなたは...?
              森の神の娘:これはおとうさま わたしの父です。
              若者:なんだって!?



              神:この森を開くだと、、わしはゆるしはせぬぞ。人間どもに 勝手なことをさせるものか!
              若者:しばらく、しばらく、話しを
              娘:おとうさま聞いてあげて、、私のお願いよ
              神:わしは森のあるじだぞ
              若者:どうか 聞いてください。
              娘:私のお願いよ、おとうさま 聞いてあげて私のお願いよ。 
              神:わしは森を守るのだ
              若者:お願い、聞いてください


              神:おまえに一つ言っておこうか!森の世界をこわすものは死ぬ。
              娘:おとうさま、待ってください!
              若者:話をすればわかるはずだ!
              神:だめだ!
              若者:ぼくは決してあきらめないぞ!
              神:おまえの手を出せ
              若者:いいとも(神に手を差し出し、神は手を握る) いたい!
              神:どうだ
              若者:すごいちからだ
              神:神の力は おまえに負けぬ
              若者:話しあいたい 聞いてほしい
              神:立ち去るがいい
              若者:あきらめないぞ!
              神:でていけ!
              若者:いや!
              神:でていけ!
              若者:いや!
              神:でていけ!!!





              ...自然を壊そうとした人間の話を森の神は受け入れず、、

              再び激しい雷鳴と稲光で舞台は暗転...




              〜嵐の音楽〜 
              おのけんはずズによる"嵐の音楽"が会場に鳴り響く中、暗がりの中で激しい嵐に巻き込まれた開発隊は森の中を彷徨っています。



              寒さと雨の中...

              森を彷徨う開発隊の悲痛な叫び、そして森を壊そうとする人間を敵対する森の住人と動物たちの叫びが聞こえてきます...



              開発隊:道が分からない!風と雨で進めない!

              開発隊:身体が冷える、助けて!

              森の声:人間は悪魔だ!人間なんか亡びてしまえ!



              森の中、嵐のが吹き荒れるシーン。







              ......森の怒りが起こした雷、そして嵐が過ぎ去ります。

              小鳥のさえずりが聞こえ、森には光が差し込んで来ます。



              町長:みんな〜どこだ〜!大丈夫か〜!? 


              開発隊:おーい!こっちだ!助かった・・・


              開発隊:私はここよ!良かった、、助かったわ・・・ 





              みんなが手を取り合って、お互いの無事を喜び合います。



              町長の息子:お父さん、ほんとに無事でよかった。ものすごい嵐で、一時はほんとに死ぬかと思いましたよ。
              おとうさん、あれは森の神の怒りですよ。神様というより、森に生きている生き物全部が森を壊すのに反対して叫んでいるんです。
              この声に耳を貸さなくていいんですか!

              町長:わしも死ぬかと思った…、死んで森の土になっちまうところだったな。確かにわしも森の生き物たちの声を聞いたよ。
              『私たちも生きているんだ』と必死に叫んでいた…、どうしたものだろう・・・

              町長の息子:森の住人たちの声に耳を貸しながら、一緒にやっていくことはできないんですか。この赤土ばかりの山にもっと木を植えましょう。
              野原を取り戻して花も野菜も作りましょう。そうすれば鳥も虫も、タヌキだってキツネだってきっと帰ってきてくれますよ、なあ、みんな!

              一同:そうだそうだ!虫けらだって動物だって、みんな人間と同じいのちを持ってるんだ!


              〜自然との和解〜
              自然の嘆きに触れ、大切なことに気付いた町長と町長の息子。
              自然と人間の共存を考え始めます。

              〜ありがたい われらみんな命ながらえた 自然の力こそ命のみなもと 人間も自然の中で生きる命のひとつ
              草も木もけものも人も 大きな命分かちあう〜



              和解へ向けていよいよ最終章へ。

              その4に続く...
              - | - | - | PAGE TOP↑
              創作オペレッタ「里山物語」レポート 〜その2〜
              category: お知らせ | author: sansanmusic
              0
                〜場面は工事現場の騒音が鳴リ響く暗闇に変わります〜

                (口上)...ところが、ところがです。
                この平和な森にとんでもない人間たちが現れました。
                森を切り倒し、山を崩し、谷を埋めて、人間の住む町を作ろうというのです・・・


                【第2場】工事現場
                開発行進曲 (蒲田行進曲:原曲はルドルフ・フリムルのオペレッタ『放浪の王者』の中の「放浪者の歌」)
                まちづくりの仕事の歌 (モーツァルト作曲オペラ「フィガロの結婚」よりケルビーノのアリア)
                開発隊の歌 (Gaudeamusドイツ学生歌)
                あなたは何をしたの(ラヴェル作曲オペラ「子どもと魔法」よりお姫様のアリア)


                暗闇に浮かび上がる白い光。

                森を切り崩すブルドーザーやパワーショベルの騒音が鳴り響く中、四方八方へ映し出される白い光と影。
                音と光の空間演出が1場の穏やかな里山の雰囲気から、自然が破壊され開発へと導かれる様子を物語るダンスの演出は圧巻でした。



                〜開発行進曲〜まちづくりの仕事〜開発隊の歌〜
                町長の息子と町長、開発隊と開発宣伝隊の面々が客席後方から登場し、場内を開発行進曲を演奏しながら練り歩き、ステージ壇上に。
                威勢良く意気込む町長と息子ですが、この後皆を待ち受けているものは...





                町長:みなさん、ご苦労様です。何と言ってもわれわれ人間の力は素晴らしい!
                ついこの間まで貧相な田舎の、薄汚い山だったところが、雑木林は切り払い、田んぼはすっかり埋めつくし、
                いま、高層ビルのそびえる、便利で清潔で賑やかな新しい街に変わりつつあります。見てくださいこの開発の様子を!
                町長の息子:お父さん、やりましょう!新しい素敵な町を作りましょう!僕も頑張ります!あのコの為に家を作るんだ!
                町長:おお、頼むぞ!家でも道路でも思いのままだ!

                意気揚々と開発への意気込みを語る町長と息子。そして声高らかに歌います。

                〜うんとこどっこい そら働くぞ 力いっぱい動かせ みんなのまちを さあ、つくるんだ
                森の木も草も引っこ抜く 山を崩し谷を埋め 道を通し家を建て ニュータウンの街並みを作るぞ 
                どこにもないあたらしい みんなのまちを作るぞ 田舎暮らしはおさらば 町の生活快適だ 便利便利何でも 
                気持ちいいよ毎日 これが君と僕のすてきな夢の暮らしさ うんとこどっこい そら働くぞ ちからいっぱい 
                動かせ みんなのまちをつくろう みんなのまちをさあ作るんだ♪〜 



                〜われらは進む 山を崩して われらは進む 谷間を埋めて 人間の力で自然を変えるぞ どこまでも進め 
                われらの世界♪〜

                山が切り崩され、どんどんビルが建っていきますが、、、↑




                ・・・森の神の娘が息せき切って現れ、開発によって破壊されてしまった森の姿を目の当たりにして落胆します。
                しかもそこには2人の愛を確かめ合ったはずの町長の息子が...

                森の娘:あなたは何ということをしてくれたの...
                あなたの言葉は嘘だと思いたくない。あなたは誓った、永遠に愛すると。。

                森の娘:木を切られ息もできないほどに変わり果てた森。。なぜあなたはこんな仕打ちをしたの...!

                町長の息子:僕は君のために家を作っているんだ・・・ニュータウンの街を作るんだ君のために!

                森の神の娘:壊れていく森...ただあなたと二人幸せになりたかったのに...


                森の叫びが聞こえる「助けて・・・」と。


                森の神の娘は嘆き悲しみます。


                町長の息子は釈明しようとするが、娘はそれを振り切って1人森の中へと消えて行ってしまう...



                〜その3に続きます〜
                - | - | - | PAGE TOP↑
                創作オペレッタ「里山物語」レポート 〜その1〜
                category: お知らせ | author: sansanmusic
                0
                  〜創作オペレッタ「里山物語」〜
                  9月27日(日)に南大沢文化会館主ホールにお越しくださいました皆様、
                  どうもありがとうございました!(^^)


                  今年の「さんさんオペラの世界」はいかがでしたか?
                  大きな舞台、新たな試みも加えた多彩な演出演目での約2時間でした。
                  それでは早速当日の模様を写真とともにレポートします。


                  〜開演10分前〜
                  もうすぐ開演です。




                  開演7分前に場内に響いた影アナウンス。実はさんさん歌劇団の三浦さんでした(^^)



                  【第1場】森の中
                  花(滝廉太郎作曲/武島又次郎作詞)
                  森の賛歌 (シベリウス作曲「フィンランディア」より)
                  森の友だち (オッフェンバック作曲オペラ「ホフマン物語」より人形の歌)
                  森の香り (ドリーブ作曲オペラ「ラクメ」より花の2重唱)
                  森の乙女 (ビゼー作曲オペラ「カルメン」よりホセの花のアリア)

                  さんさんくらぶ理事長のおひげ先生から今回の里山物語の内容説明がありました。


                  今回は第1場から第4場のお話で構成され、メロディはよく知られたオペラの名曲や
                  おなじみの歌曲からお借りして、耳に懐かしい音楽とともに、森と人間のせめぎあい描いた物語。

                  〜平和で豊かな里山に、ある日、開発隊がやってきました。
                  森を切り開き、山を崩して新しい町をつくろうというのです。
                  森の木々も動物たちも大騒ぎ、森の神様も怒りを露わにされました。さあ、いったいどうなるのか…〜


                  今回初登場!さんさんOBの「ラーメン亭とんこつ」による口上で本編スタートです。

                  〜みなさま、ようこそおいでくださいました。これから皆さまを緑の里山を舞台にした物語の世界へご案内いたします。
                  平和で自然豊かな里山には、百年も千年も、もっともっと大昔から、緑の木々が茂る森や林と、花の咲き乱れる野原と、きれいな水の流れる川が広がっていました。そこには、狸や狐やシカやクマや、キジやヤマバトやメジロやウグイスや、もっと小さい連中としては、アゲハ蝶だのトンボだのカブトムシだのクワガタだの、もう、数えきれない生き物たちが住んでいました。そして森の神様に見守られながら、自然が大好きの人間たちが平和に暮らしていたわけです。
                  ところが、ところがです。この平和な森に、とんでもない連中が、いや、怪獣たちがやって来たのです。
                  その名前は「カイハツ」というのです。カイハツたちは、大きな道具や機械を使って、平和な森を壊しはじめたんです。さあ、いったいどうなるのか、最後までしっかりと、ゆっくりとご覧ください。〜


                  〜花〜
                  園田先生と久美子先生、澤田さんによる「ひろみこ」の演奏。開発前、平和で穏やかな里山の様子を表現されました。





                  「森の精」に扮した華やかな衣装と優しい踊りで里山の自然を表現した「ほにゃらら出版となかまたち」。







                  森の賛歌〜森の友だち〜森の香り
                  続いて「森の神」の和田さん、「森の神の娘」の福田さん、「森の住人・動物達」のさんさん歌劇団が登場し、
                  開発前の穏やかな里山の自然の姿を歌います。



































                  〜森の乙女〜 
                  都市開発を進める「町長」の息子は根岸さん。
                  自然と人間社会の間で揺れ動く心を持った青年の姿で、森の神の娘への愛を歌います。

                  〜みどりの森の道ただよう花のかおり うるわし乙女が歌って踊るよ こころをときめかすぼくは夢の中 
                  何とも不思議なあなたに出会った これまで生きてきたむかしはもう要らない
                  あなたと会えた日よろこびのこの日よ そう わたしの中にこの日から新たな力があふれる 
                  わたしはあなたとともに生きたい そう あなたと愛しあって生きるのだ 
                  行こう地の果てまでも 行こうどこまでも 愛する森の娘さん あなたと行こう〜

                  〜その2へ続きます♪〜
                  - | - | - | PAGE TOP↑
                  いよいよ明日!
                  category: お知らせ | author: sansanmusic
                  0
                    みんなでつくる創作オペレッタ
                    〜里山物語〜


                    会場:南大沢文化会館主ホール
                    開場:13時00分
                    開演:13時30分
                    チケット:1,000円(子ども500円)



                    先日のゲネプロでののひとこま。




                    様々な場面展開をお楽しみに!


                    皆さまお誘いあわせの上、是非ご来場下さい!

                    〜南大沢文化会館へのアクセスはこちら〜
                    http://www.hachiojibunka.or.jp/minami/

                    - | - | - | PAGE TOP↑
                    さんさんオペラツイッターへようこそ!
                    category: お知らせ | author: sansanmusic
                    0
                      コンサートまでいよいよ2ヶ月を切りました!

                      今回のコンサートでは様々な場面で沢山の曲が登場します。
                      これから2ヶ月間、当日多くの皆様が楽しめるように、ちょっとづつ演目の元曲を種明かししつつ、
                      その他様々な情報をツイッターで発信しますので、是非フォローしてくださいね!

                      https://twitter.com/sansanmusic2015
                      お楽しみに!
                      Check
                      - | - | - | PAGE TOP↑
                      new old
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      LINKS
                      PROFILE
                      OTHERS
                      SEARCH